-A Guide for 1st Visitors-

T.全般的な注意

  1. 【重要】サーチエンジン等からお越しになられた方にはたいへん申し訳ございません。2006年11月よりトップページからしか入れない設定に変更させていただきました。このため、いきなりジャンプして驚かれたかとは思いますが、どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。また、使用されるPCはリファラを吐く設定になっている必要があります。
  2. 【重要】このサイトはアダルトサイト(いわゆる「煽情性」にウェイトを置いたサイト)ではありません。しかし、一部に裸体画像、またそれに言及した文章等があることをあらかじめご了承願います
    煽情性に本来絶対的な基準はなく、各個人の帰属する民族・宗教・国家・社会・時代趨勢・家庭環境・趣味嗜好・知的レベル等によって大きな振幅があるものですが、その事実を踏まえた上でなお、製作者としては、閲覧者に対し性的欲求を惹起、あるいは満足させようとする意図を一切持っていないことを、あらかじめお断りさせていただきます。
  3. このサイトはREWSPROVが企画・制作し、すべてのコンテンツを作成しています。サイト内の文章・画像・音楽コンテンツの著作権はREWSPROVに、また肖像権はHe/R/Aはじめ、被写体として登場する各人にあります。
  4. コンテンツのすべてのテキスト情報の二次使用(引用・転載)を禁止します。これは必ずしもコンテンツの内容の考証が充分でないこともあり、不十分な内容の一人歩きを避けるための措置でもあります。
  5. リンクは自由です。ただし、リンクを希望される場合、一言”Guest Book”に書き込んでいただくようお願いいたします。
  6. サイトは移転する可能性がありますので、リンクやお気に入りへの登録は必ずトップページ(http://asyluminsilence.halfmoon.jp/)で登録していただきますようお願いいたします。

U.コンテンツについて

  1. メニュー構成やファイル名は予告なしに変更することがあります。内容についても細かく加筆・修正を加えることがあります。
  2. 全体はトップページから樹形図状に広がるダンジョン構造となっています。どのページからでも必ずトップページに復帰することができるようにしてあります。
  3. ほとんどのメニューはタイトル左側のをクリックすることで開きます。”Asylum in Silence”のロゴでトップページ、で同じカテゴリーの前ページ、で一つ上の階層、で次ページに飛びます。
  4. 更新記録は「Chronology」にあります。その他、いろいろなサイトの変更予定等は「Diary」の"Imformation"のカテゴリーにも載せていますので、たまにチェックされることをお勧めします。
  5. Text」「Photo」はメインコンテンツです。文章や画像、音楽が載っています。それぞれが一話完結の読み物になるような構成となっています。
  6. Photo」の中の「Works」から先はパスワードが必要です。閲覧については、"Guest Book"や「Diary」のコメント等で何度か書き込みいただいてやり取りのある方、作品をメールにて送付いただいた方、ご自身でサイトやブログ等を運営されている方とさせていただきます。なお、パスワードはたまに変更しています。
  7. Link」はリンクのページです。
  8. Diary」はその名のとおり日記です。最近のはFC2ブログで、JUGEMは過去のアーカイヴですのでご注意下さい。スパムトラックバックが多いのでコメントのみ可能にしてあります。また、紹介してあるページは基本的にジャンプしても安全ですが、海外サイトが多いので、スパイウェア対策を取られることは必要かと思います。
  9. Guest Book」は、以下の条件を理解・遵守した上でご利用願います。
  • 感想、サイトの宣伝、更新告知、お願い、撮影モデル/マネージャー/バンドメンバー/奴隷orペット(笑)の応募等々、何を記入していただいてもかまいません。ただし、サイトの宣伝は個人のホームページのみに限定します。
  • 画像を貼り付けることもできます。ファイルサイズは100KB程度までにしてください。ただし、国内法に抵触する内容は厳禁とします。
  • どのようなテーマでも歓迎ですし、たいていビザーレなものでも気にしませんが、個人的に嫌いなホモ・ロリコン・ルストモルド・ネクロネタは禁止です。誹謗中傷・議論・攻撃も禁止です。
  • 不適切と判断した内容は、見つけ次第削除します。出入禁止にすることもあります。
  • 書込みに対しては極力レスをつけますが、速やかに返せないことが多いのはどうか悪しからずご了承下さいませ。

V.作者への連絡について

  1. Guest Book」の一番下に「管理者へメール」というボタンがあります。ここをクリックするとメーラーが起動します。
  2. またはrewsprov@yahoo.co.jpまでメールしていただいてもかまいません。
  3. Diary」のコメントで、「管理者にだけ表示を許可する」にチェックを入れることでも、メール代わりに利用できます。ただ、返信は通常コメントになってしまいます。
  4. いずれかお好きな方法でかまいませんが、返信用アドレスとお名前の記入を忘れないようにしてください。

それではコンテンツをお楽しみください。